« 2008年3月 | トップページ

2008年4月

クライマックスは続いちゃうかも

4月に入り、桜は満開。

私も頭の中でお花がさいてますよ~vvvvv

いやぁ、甲子園での某校であんなハプニングが起きるとわvv

日本人に生まれてよかったと心底思う今日この頃です。

シャカトモです、こんにちは。

さて、入学式を4月1日に終え、来週からは講義が始まります。

キャンパスの広さに怯え、人数の多さに怯え、自分のスーツ姿に萎えました。

さて、当初の予定と全く方向が変わってしまった当ブログですが、

こんな僻地に来てくださった皆様、本当にありがとうございました!!

大したアドバイスを書くわけでもなく、欲望のおもむくまま

超不定期に書き連ねておりましたが

まさかこんなにコメント寄せて下さるとは・・・感激です。

これからもがんばっていきますぜ!!!

4年間私学でやるっきゃないかなぁ・・・・と思っていた、つい先日に

驚き情報が入ってきました。

私には、同じく浪人していて

今回第一志望校にA判をとりながら落ちてしまった

私よりずっと頭のいい幼馴染がおりまして、<ちなみに女の子ですよ、念のため>

彼女も私学に行くことになったらしいのです。

その子と電話したのですが、来年成人式だねぇという話になった時のこと。

彼女の雰囲気が変わりました。

彼女「私ね、考えたんだけど、もう一回受けるわ」

我「え、再受験ってこと?」

彼女「うん、やっぱ私学ってお金かかるし、浪人しちゃってこれ以上

   家に負担かけられないもん。

   それに本当に行きたかったって所ではなかったし・・・。

   今回はセンターで大失敗しちゃったからだけど

   来年は絶対入ってみせるから、だから来年の成人式は一緒に行けないと思う」

我「そっか・・・・。」

何か、言葉がありませんでした。

東大に落ちて以降、自暴自棄と諦観めいたものがずっと思考を占めていたのですが

彼女が新たに受験し直すと言った時から、少し考えが変わり

もう一回受けなおしたいと思うようになりました。

その先が東大かどうかはわかりません。

1年間勉強さえしていればいいという環境下にありながら、足切りという

最悪の結果になった奴がまだ戯言を、という嘲笑はあると思います。

でも彼女の言葉を聞いてから、

何時の間にか「大学生になれたらいいや」と思っていた自分に気付いて

そんな自分にショックを受けました。

学費を納める際に、国立の倍近くある金額に驚きつつ

実際に入学してみると、周囲の雰囲気にやっぱり違和感がありました。

エスカレーター式に上がってきた子達が多いからかもしれませんが、

なんかどうも勉強とはかけ離れた空気があるのです。

国立にそんなに夢見てはいないのですが、東大や阪大のキャンパスに行くと

「遊びはするが、勉強が中心だ」という感じの人達が多かったように思います。

あと、不純な動機はあれ<苦笑>

東大のパンフを読んだ時に「なんでも勉強できる」という事に惹かれて

受験したいと思ったんだっけなぁ、と思い出してもみたり。

この一年間でどこまで学力が伸ばせるかわかりませんし、

何より大学の勉強やアルバイトと掛け持ちして、となると

改めて去年の受験に対する姿勢は甘かったなぁ、と反省しきりです。

もう一回東大とも思いますが、現実的に阪大かもしれません。

それでも、もう一度自分が納得して行きたいと思った大学に入ることを

めざして、また一年間頑張ろうと思います。

当ブログの記事は今回で終わりますが、私の受験生活はもう少し続きそうです。

これまでお付き合いして下さった皆さま、重ねて御礼申し上げます。

今年、志望校に合格なさった方、本当におめでとうございます。

来年、志望校に向けて頑張る受験生の皆さん、悔いが残らない受験勉強を

していって下さい。

ではまた、どこかでお目にかかりましょう。

このブログが少しでも、あなたの心に残れば望外の幸せです。

| | コメント (20) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ